飛騨高山の年末年始の過ごし方

数年に一度の寒波の到来とともに、
2020年、大晦日となりました。

いろいろな想いが交差するこの年の最後の日、
皆さまはどのようにお過ごしでしょうか。

早いもので私達が<すみや青花>を開業して約6か月が経ちました。


お宿の運営をするなかで、SNSやブログ、そしてコンシェルジュサービスを通してお客さまにきちんとした情報をお伝えしたいと、改めて飛騨高山という町について調べることが増えました。

生まれ育ったこの町の事、
知っているつもりで、知らないことも多くありましたが、
その中で最も驚いたのが<お正月飾り>でした。

一般的に<松飾り>と検索すると、
門松や、松に水引をあしらい玄関に飾る画像が出てきますが、
飛騨高山でいう<松飾り>は違います。


天井から松を吊るし、そこに金銀の珠や、
鯛、宝袋、大判小判というような紙製の飾りを下げるのです。
まるで、和風のクリスマスツリー、とどなたかが仰っていましたが
まさにそのような感じでしょうか。



この松飾り用の松は、
スーパーでも売られていますが、陣屋前朝市で開かれる
<年の瀬市>でも買うことが出来ます。
ここには、近隣の農家の方々が作ったしめ縄、花餅が集まり、
いつもの朝市と違ってまた楽しいのです。

今年は、この<松>を買うのに出遅れてしまい、
なかなか良い枝ぶりのものに出会えませんでした。

そこで、一番大きな松の一部を切っていただき、
なんとか青花の玄関<朱の間>に飾ることができました。

この松飾り、数人の高山市民に聞いてみましたが、
全国どこでも行っているものと思っている様子でした。
もちろん、私もそう思っていましたが飛騨地方と兵庫県の一部にしかこの風習は無いようです。  かなりびっくりです。(笑)


そして、もうひとつ。
飛騨高山の年末の過ごし方で驚かれるのが、
大晦日におせち料理をいただくこと。


諸説ありますが、もともとおせち料理は大晦日に食べられていたそうで、
その風習が北海道、東北の一部、そして飛騨高山には残っているようです。


私も午後から、
おせち料理をお重に詰めて、年取りの準備をいたします。
飛騨のおせち料理のご馳走、<ブリ>も焼かなくてはなりません。

2020年、 すみや青花を開業し、たくさんのお客さまにお越しいただきました。 旅のあり方を考えさせられた一年ではございましたが、 こうして新しい年を迎えることができるのも、お越しいただくお客さまと、いつも支えてくださる高山の町の皆さまのおかげでございます。 皆さま、本当にありがとうございました。 本日はどうぞごゆっくりとおやすみいただき、 良いお年をお迎えくださいませ。

すみや 青花

ドイツのクリスマスマーケットの定番「グリューワイン」

ひらひらと舞うように降る雪を眺めながら、なんて綺麗……と感動していたら、いきなり一晩でかなりの雪が積もりました。
こんなに、雪って大変だっただろうか?と思うほどの量が
いきなりです。(笑)

昨年、一昨年と雪が少なかったせいか、
なかなかこのたくさんの雪に慣れるのに時間がかかりました。

飛騨人を何年やってきたのでしょう?と思うほど、
雪との暮らしは大変です。

しかし、この雪のおかげで
いつから始めようと躊躇していた新しいフリードリンクの提供をスタートすることになりました。

ドイツのクリスマスマーケットの定番、
グリュー・ワインをお楽しみいただけるようになりました。

グリュー・ワインはホットワイン、
仏語ではヴァン・ショーと呼び、冬の冷えた身体を温めてくれるヨーロッパ各地で人気のホットカクテルです。

赤ワインをベースに砂糖やレモン、オレンジなどのフルーツ、
クローブ、アニスなどの香辛料を加えた味は、
どことなく懐かしい印象でしょうか。

電子レンジで温めて、お好みでシナモンを入れて
雪を眺めながらお召し上がりください。


グリュー・ワインはクリスマスまでの予定ですが、
冬中、続けるかもしれません。
寒く、しかしこの美しい冬をお楽しみいただけますように
いろいろなおもてなしを考えていきたいと思っております。

すみや青花にとって初めての冬、
床暖房を入れてお待ちいたしております。
どうぞ、飛騨高山に冬の<おこもり旅>はいかがでしょうか。

岐阜県で最も古い料亭「精進料理 角正」でいただく究極のスローフード


「旅の楽しみ」といえば何を思い浮かべますでしょうか?

宿、史跡、温泉……と数ある中でも、やはりトップなのは〈食事・グルメ〉ではないでしょうか。


ご当地の美味しいもの、食べたことのないもの、旅先で何を食べようかな……?と考えただけで、もう旅は始まっています。

すみや 青花】では、
美味しいものの多い飛騨高山の<食>をお楽しみいただけるようにと、
泊食分離の宿として開業いたしました。


お泊まりはのんびりと、
そしてお好きな時間に、お好きなレストランで、お好きなものをどうぞ、
というスタイルです。

飛騨牛、フレンチ、イタリアン、蕎麦、食べ歩き……など、様々なジャンルで悩まれるお客様には コンシェルジュサービスでもお答えしていますが、
宿内に設置している<ご近所散歩地図>にもおすすめの店などを
たくさん紹介させていただいています。


どの食も高山でしか体験できない味覚であることは間違いありません。

その中でも、
数ある宿の中から<すみや青花>をお選び下さったお客様に、
<未体験な旅>を提案できたらという思いから飛騨高山の老舗料亭「角正」さんとのお食事付きプランを作らせていただくこととなりました。

そこに身を置くだけで、何か得るもののある歴史ある空間を楽しみ、
究極のスローフードを味わっていただく、
いかがでしょうか。

角正さんは200年の歴史を持つ岐阜県で最も歴史ある料亭です。

もともと高山城の出入り医の住居を天保年間に譲り受けたという屋敷には、
苔むした美しい庭の中に母屋、茶室、離れ座敷が点在し、
飛騨 高山の中でも特別にゆったりとした時間が流れているように感じます。

建築の控えめながらも凝った意匠や、
季節ごとのお部屋のしつらいを眺めながら、その空気感と一緒にお料理をいただくことができるのはとても贅沢な時間です。

<すみや青花>と庭師、大工、など職人さんも同じ方が携わっていて
少し、嬉しかったりもしています。

そしてお料理は丁寧に作られた「精進料理」

少し物足りないイメージのあるお寺の精進料理とは違う独特のもので、
味はもちろんのこと、お腹も満足する内容となっています。
(先日、お連れした男性3名のお客様もとても喜んでいらっしゃいました。)

一品一品、お食事の進み具合を見て、
前後のバランスを考えて提供されるお料理は、まさしく究極のスローフード。
仕込みには丸一年の歳月を要し、素材そのものの味を最高に引き出したお料理はまさしく<未体験な旅>のひとつになるのではないでしょうか?

食事の間に出されるお蕎麦がまた絶品です。

大人だけが許される、すみや青花の夕食付プランをお楽しみいただければと思います。

※一休限定プランとなっております。

しつらいでおもてなしを

いよいよ12月ですね。

12月の和名では、師も走るという意味の<師走>が有名です。
他には1年の最後の月という意味から
「極月(ごくげつ、ごくづき)」、「窮月(きゅうげつ)」、「限りの月(かぎりのつき)」などの異称があるようです。

いろいろとあった今年。
忙しい12月にお休みができると、なんだか贅沢な気分になれそうです。

すみや 青花 には、<しつらいでおもてなしを>というコンセプトがあります。

対人での接客を行わないため、
「ようこそお越しくださいました」「ごゆっくりお寛ぎくださいませ」
「お寒くないでしょうか?」など、
お客様にお声がけしているような気持ちを込めて、館内の<しつらい>を行っております。

しつらいを考えるのは楽しいものです。
飛騨高山のものはもちろんのこと、私たちが旅をする中で出会った異国のものを取り入れるように意識しています。

開業以来はじめての冬、
ひざかけをどのように設置しようかと悩みまして
ロンドンの紅茶店、フォートナム&メイソンの柳のバスケットに入れて
みました。

今日の床の間の花器は、ベトナムのクラッチバッグです。
玄関には日本の骨董屋でみつけた古い豆腐かご、
さまざまなものを花器として使いながら、宿内の数か所にお花を生けています。

BEDのライナーとクッションも新しく変わりました。(1枚目の写真です)
寝室にある衝立に張り込んだ壁紙と同じ盆栽のモチーフです。
こちらも海外のものですが、どこか日本的でもありシックで良い感じです。

インテリアの好みは人それぞれではありますが、
しつらいの楽しさを感じていただき、
ゆったりと、ご自宅のようにお過ごしいただけましたら幸いです。

〈すみや 青花〉への皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

【メディア掲載】JR東海「ずらし旅」

<旅は、ずらすと、面白い。>

JR東海さんの提唱する新しい旅のスタイル<ずらし旅>
俳優の本木雅弘さんの出演するテレビCMを目にされた方も
多いのではないでしょうか?

なんと17年ぶりのCM発表会を開いたJR東海さん、
定番の旅から移動手段や場所、時間、視点をずらすことで、
人混みや三密を避け、安心・安全に旅行を楽しみましょう、という提案です。



※JR東海 サイト CMギャラリーより引用

この<ずらし旅>のサイトでは、
100の旅の形を開発中!として様々な職業の方がライターとなって
特別な旅を紹介しています。
これがなかなか面白い。


<本当の京都を知るなら朝と夜>
<コロナ専門家の家族旅行 ひなびたお寺でずらし旅>
<脱 ターミナル!東京グルメの最先端は住宅地で探せ>
<大阪旅行はヒョウ柄の服で>

などなど、気になるタイトルと軽快な文章がとても魅力的で、
どこかに出かけたくなってきます。

そして、<ずらし旅  63>として
【飛騨高山の朝は朝市もいいけど江名子川を歩いて欲しい】
この記事にて<すみや青花>が紹介されました。

当宿の前を流れる江名子川の魅力と共に
この情緒あるエリアに佇むSHOPやカフェなどもいろいろと登場いたします。

ほかにも
【<東山>は京都からたかやまにずらす】
【高山は<城山>こそ真ん中だ】
【飛騨高山の古い町並みは夜歩く】
など、当宿の近隣エリアにスポットを当てた記事も多数掲載されています。

できれば連泊していただいて、
のんびりと、いつもと違う飛騨高山を愉しんでいただけると素敵だろうな・・・と思わずにはいられません。
日々、目が離せない状況ではありますが、
安心・安全な旅のひとつとして<ずらし旅>はいかがでしょうか?

JR東海 ずらし旅はこちらからご覧くださいませ。