飛騨高山 4月の二つのお楽しみ

いよいよ春ですね。

飛騨高山ではようやく水仙が咲き、
梅や桃も優しく花を開き始めています。
厳しい冬を耐えた飛騨人が、心から待ちわびた最高に素敵な季節、
そんな4月の二つのお楽しみをご紹介いたします。


<遅めのさくら>

日本人が心待ちにする花、<さくら>

寒い飛騨高山の桜はどうしても遅めの開花となりますので、もう桜は楽しんだよ、お花見はしたよ、、、というお客様も多いのではないでしょうか?
それでも、
飛騨高山で出会う<さくら>は、町の情景と相まってとても風情があり
良いものです。
毎年、胸が締め付けられるような美しさで、桜で覆われた江名子川沿いを歩いているとなぜか涙が出てしまうほど。

今年はおそらく、
満開は4月中旬との予想です。

そして、<すみや青花>は開業して初めての春を迎えます。
2021年の一度きりのこの春、
大切な人と、当宿にてプライベートお花見はいかがでしょうか?

二階、高山城のお堀の役目をした江名子川に面した<さくらテラス>では、
ライトアップされた桜を眺めながら、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

朝はもちろん、宵も素敵な風景が楽しめます。
LEDキャンドルやランタンの灯りで映し出される静かなひとときは、
きっとかけがえのない思い出になることでしょう。

和室の雪見障子を空けて、
浴衣のまま寝そべって、桜を見上げるのも一興かも。
中庭の<もみじテラス>に舞い降りた桜吹雪を酒杯に浮かべて一献も。

いろいろな滞在をぜひ、お楽しみください。

春の高山祭(画像)

<春の高山祭り>

日本三大美祭のひとつである<高山祭り>
私達の誇りでもあるこの祭りは残念ながら昨年は中止となってしまいました。

伝統を受け継ぐ祭行事の見どころ 御巡幸(画像)

そして、今年は開催が決定いたしました。

しかし、「令和3年 静かな春祭り KAMISHIMO DISTANCE」というテーマが設けられています。
春の高山祭 日枝神社例大祭を斎行する側も、ご参拝・ご見学いただく皆様にも、新型コロナウイルス感染防止に努めていただくようにとお願いをする気持ちが込められています。

夜祭(画像)

いろいろな規制があり、いつものような祭りとは行きませんが、
美しい屋台はそれぞれの屋台蔵にて公開されるようです。

私達、青花スタッフは、
この春祭りのおかげで今があるといっても良いほど、
10年以上、神事に関わらせていただきました。

美しい屋台は、
屋台組の子供たちだけが乗って過ごせる特別な場所。
屋台の上からたくさんの観客を見ていたあの頃は、かけがえのない記憶となっています。

それだけに、<裃ディスタンス>を守りながら行うことできるこの祭りへの思いは強く、本当に楽しみ。

これについては、熱くなってしまいそうなので
また改めてご紹介できればと思います。


春を迎えることが出来てほんとうに嬉しい。
どうしてこんなに嬉しいのでしょうね。
どうぞ、皆様も飛騨高山の小さな春をみつけにいらしてくださいませ。


飛騨の雛まつり (さながらハロウィン)

飛騨高山もようやく春めいてきました。

とはいってもまだまだ寒いこの町、
水仙の花はまだまだ先、
クリスマスローズが咲き始め、朝市には猫柳と蕗の薹が並びだしたばかりです。
岐阜県の緊急事態宣言も解除され、町歩きされる方も増えてきた印象でしょうか。

嬉しいですね。

※ 姉妹店 <カフェ青> のお雛様 ① 

そんな高山では、今、
<飛騨高山雛祭り>と題した23回目のイベントが開かれています。
「え? まだお雛様?」と思われがちですが、飛騨人にとってのお雛様はこれからなのです。
寒冷地ならではでしょうか。
飛騨高山では実際の桃の開花と足並みをそろえて旧暦の桃の節句である4月3日にひな祭りを行うため、今が旬な行事。

全国でもやはり寒冷地の東北・北陸、
そしてお隣の松本市などはひと月遅れの4月3日に行うようです。


※ 姉妹店  <カフェ青> のお雛様 ②

そして、このお雛まつり、
むかしむかしの飛騨の子供たちは
「雛様見しとくれ   (おひなさま見せて下さい)
       おぞても褒めるに (酷くても褒めますよ)」
と、声を揃えて歌いながらご近所を巡り、お雛様を見てお菓子をもらって歩いていたようです。
仮装はしないものの、さながら ハロウィンでしょうか?

私自身は、お菓子をもらって歩いたことはありませんが、
この詩の節は祖母から聞いて覚えています。
やっとめぐってきた春と、華やかなお雛様と美味しそうなお菓子を目の前に
それはそれは、子供たちは嬉しかっいたことでしょう。
優しく、あたたかな光景が目に浮かぶようです。


※ 当宿 2階本座敷にいけた蕗の薹

前述の<飛騨高山ひな祭り>は
市内中心部の観光施設、ホテル・旅館、店舗などで、代々伝わる雛人形を展示して桃の節句を祝うイベントです。

古い町並みにございます当宿の姉妹店 <カフェ青>も参加店のひとつで、
囲炉裏の間、本座敷、茶室などにひな人形を飾っています。
素朴な飛騨の土びな(焼物のひな人形)から、流しびな、享保びななど
どの雛も趣のあり、お楽しみいただけることと思います。

※ 姉妹店 <カフェ青> のお雛様 ③

もちろん、当宿内も
華美ではありませんが桃の節句のしつらいを整えております。

どうぞ、この美しい春に
ぶらりと飛騨高山への完全プライベート旅はいかがでしょう?

社会人になる前に、
安心安全な一棟貸し切りにて、1グレード高い滞在を思い出にされたいというお客様から、卒業業記念旅行などもご予約いただきました。

旅の組み立て、事前相談などもお気軽に、
当宿コンシェルジュにお尋ねくださいませ。
皆さまのお越しをお待ちしております。

飛騨高山雛まつり →  こちらからどうぞ




5つ星、ありがとうございます。

コロナ禍の中での開業から早いもので7か月、
ようやく、お客様からのクチコミ件数が10件揃い、
高級ホテル・旅館の予約サイト<一休>にてその点数が表示されるようになりました。

それも嬉しいことに最高点の5.00です。

すべてのお客様のクチコミが5.0というのは稀で、
本当にすごい事なんですよ・・・・と一休の社員の方からお聞きしました。

素直に、嬉しいです。

これからもこの評価に甘んじることなく、より一層お客様の望む滞在を考え、
心よりおもてなしをしていきたいと思います。

皆さま、ありがとうございました。
今夜はささやかに乾杯をしたいと思います。(笑)



自転車で颯爽と巡る、飛騨高山の旅

非常事態宣言解除が近づいてきました。
そして嬉しいことに、同時にご予約も増えてきました。

花を生け、しつらいをしてどうぞお越しくださいませ・・・と準備の整った当宿にゲストがいない日はとても寂しいもの、
たくさんの方に、初春の宿内をお楽しみいただきたいものです。

こちらは先日撮影した当宿の玄関前の様子です。

あまりに雪が続くと忘れてしまいそうなのですが、
そうでした、そうでした。(笑)
当宿にはレンタサイクルが2台あるのです。

この日はご夫婦のお客様が、
おそらく朝市などに出かけられた後なのでしょうか、
なんだか、ほのぼのしています。

※当宿前の屋台蔵

高山の町並みを自転車で走ってみるのはいかがですか?
当宿前から宮川朝市や古い町並み、高山陣屋と続く界隈は坂道もなく平坦なので、スイスイと回ることができます。

人の多い場所では、駐輪所などに停める、もしくは押して歩くなど周りへの配慮が必要ですが、歩くよりはずっと広い範囲を周って、
まさしく<住むように滞在する>する楽しみを感じていただけることと思います。

夕暮れの古い町並みは、人通りもなく昼間とは全く違う表情を見せてくれます。
夜は車両も通行しますので、その時間にスイスイ・・・・とか。

中橋近くの隠れ家のような中華そば屋を訪ねてスイスイ・・・・とか。

自転車ひとつでいろいろと楽しめそうです。

※市内のフレンチ料理店で見かけた当宿の自転です。

この2台の自転車に 加えて
近日中にご希望があればレンタル可能な3台目の自転車をご準備することとなりました。

もちろん、ご宿泊のお客さまには無料でご利用いただけます。

完全プライベートな空間で密にならずゆったりと。
国内外を自由に旅することがままならなくなった今、
非日常を味わえる一日一組限定の当宿での滞在はいかがでしょうか。


市内のレストランや、街角に並ぶ当宿の自転車を見かけると、
直接お会いすることはないものの、宿泊なさっているお客様を想います。
そしてその特別であろう高山の旅と、お客さまの物語がみえてくる気がして胸が熱くなります。

どうぞ、素敵な旅でありますように。








桜の花ことば

非常事態宣言中ではありますが、2月には珍しいこの温かな陽気に誘われてでしょうか。
久しぶりに飛騨高山の街にもお客様が訪れていらっしゃる様子です。

愉しそうにこの町を散策している様子を見るのは
地元の私たちも嬉しくて、ほっこりとした気持ちになりますね。

こうして2月も後半となり、
いよいよ桜が楽しみになってきました。

サクラ、桜、櫻、さくら・・・・・日本人がその開花を心待ちにする花、

以前、自分の誕生花を調べた際に<しだれ櫻>とあり、
とても嬉しかったことを思い出します。

そんな桜の花ことばは<精神の美>、<優美な女性>

しかし、フランスにおいては、桜の花言葉は「私を忘れないで」という意味があるそうです。

桜が散るさまを別れのときと重ねていることから、切なく悲しいというイメージがついたとか。

ワシントンでお花見をしたという当宿スタッフの話を思い出し
こちらも調べてみると、
花ことばに<a good education(優れた教育)>とありました。

アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンの子供の頃の逸話が関係しているのですね。

高山の桜の開花時期はおそらく4月の高山祭の頃、
町中が桜で溢れるように美しく彩られます。

そして、
すみや青花の川沿いのテラスは、プライベートな最高のお花見場所となるのです。


誰にも遠慮せず、
櫻を愉しめるこのテラスで
大切な人と、
さくらの花びらなど浮かべたグラスで一杯。

この<さくらテラス>のテーブルに映る桜もまた美しく、
ゆったりとした時間を愉しむことが出来ます。

「高山市 桜」の画像検索結果

1か月の間、
江名子川沿いの桜は高山市によってライトアップされますので、
夜も<さくらテラス>はお楽しみいただけます。

テイクアウトの夕食をいただいたり、
BAR タイムにもおすすめ。
もちろん、朝食も。


外との内とのつながりを大切した
すみや青花の建築デザイン、どうぞお楽しみくださいませ。
2021年、特別な春の旅をいかがでしょうか。

<お知らせ>

■記念日(サプライズ演出、ケーキ、花束ほか)
■テレワーク
■連泊
 のご相談を多く承っております。
 当宿のコンシェルジュまでお気軽にどうぞ。